ぶどうの木幼児園

熊本市南区田迎5-12-50 >>交通アクセス
Tel 096-378-9370 Fax 096-378-9383 >>お問合せ

【メッセージ】かみさまからのギフト

■2021年1月


昨年末のクリスマスでは、ページェント(聖誕劇)をがんばりました。(写真:博士の贈り物)

2021年を迎えました。本年も子どもたちが、神さまのご計画のもと喜びをもって元気に過ごすことができますようにお祈りいたします。

ぶどうの木幼児園3期の目標は、「自立」です。子どもたちの発育発達の段階を踏まえつつ、「自分でできること」が増えるように共に歩んでいきたいと思います。ぶどうの木幼児園が掲げているキリスト教保育は、聖書に示された「愛」を日々の生活で行動に表すことを大切にしています。 『日本にキリスト教が初めて伝わったとき、「愛」という言葉は「ご大切」と訳された。』という話を聞いたことがあります。まさしく「愛」の行為は、「一人ひとりが大切にされている」という、YMCAが目指す『ポジティブネットのある豊かな社会づくり』へ向けた一つの行動だと思うのです。

修道女マザー・テレサは、『何かを与えられたなら、それは分かち合うためであって、自分のものにするためではありません。』と伝えました。私たちに与えられた命は、自分だけではなく、周りの人と分かち合うための神様からのギフト(贈り物)だと言えるでしょう。さらにマザーは、『遠くの人を愛するのは簡単です。ですが、愛は家庭から始まるのです。』というメッセージを残しています。毎日の小さなことの積み重ねを大切にしたいと心新たに・・・。

普段の日常に感謝し、ぶどうの木幼児園のファミリーである子どもたち一人ひとりに目を向け、過ごしていきたいと思います。保護者の皆様、本年も変わらぬご支援をどうぞよろしくお願い致します。感染症対策を万全にし、共に歩んでまいりましょう。

ぶどうの木幼児園 園長 木村成寿

このページの上へ