メールマガジンバックナンバー Vol.111(川上安生さん3)

メールマガジンバックナンバートップ熊本YMCAメールマガジン登録

【熊本YMCA】川上安生さんのメッセージ「わたしにとってYMCAとは?」第3回

▼▽▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2013/03/19 Vol.111━

 熊本YMCA メールマガジン http://www.kumamoto-ymca.or.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼▽▼

     ★☆ 会員・地域からのリレーメッセージ-第23弾 ☆★

    川上 安生さんのメッセージ 「わたしにとってYMCAとは?」

              5回シリーズ 第3回

――――――――――――――――――――――――――――――――――

2011年6月からリニューアルしたメールマガジン!
毎月1回、主にボランティアの皆さんが登場し、それぞれの立場からYMCAと
の関わりやその魅力、ご自身の体験談や取り組んでいる活動について紹介して
くださいます。きっと「ほぉ、YMCAってそんな事もしていたの?してるの?」
って新発見があると思います。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
        「わたしにとってYMCAとは?」-第3回

                   野外教育委員長 川上安生(カバさん)

【3】私とYMCAの出会い

 ところで、「私とYMCAの出会いは?」と言えば、昭和43年(1968年)、YMCAキャ
ンプに、熊本大学YMCA・花陵会の友人に誘われて(騙されて?)、キャンプリー
ダーとして参加したことに始まります。そして、そこでカルチャーショック
を体験したことが、YMCAに関わる大きな契機になったと思います。

 では、そのカルチャーショックとは何だったかといえば、当時、私は人前
で話すこともできない内気な学生だったのですが、YMCAでのキャンプ体験は、
私に「世の中には、こんな世界があったのか、こんなスゴイ人たちがいたの
か」とビックリ仰天させてくれるものだったのです。目からウロコとはこの
ことです。つまり、YMCAは、私にとって未体験の「常識を超えた驚きの世界」、
「新しい世界」を見せてくれた訳です。
(そのことを具体的に話せば、長くなるので省略しますが、ここでは、YMCA
キャンプが「新しい自分、新しい友人を発見」させてくれた、そして、私をチ
ェンジ、変えてくれた、ということだけ申し上げておこうと思います。)


【4】私が出会った、あの「伝説の1969年、夏のキャンプ」とは?

 さて、その後、私の大学では学園紛争(当時の全共闘運動)が激化したので、
私は1年近くYMCAを遠ざかっていました。しかし、次の年(1969年)、また夏の
キャンプが始まる時期になると、血が騒ぎ出して、再びYMCAキャンプに舞い
戻りました。

 そして久しぶりに復帰した1969年の夏キャンプは、前年度のキャンプ以上
に素晴らしいキャンプでした。私は改めて、YMCAのキャンプに惚れこんでし
まったのです。
 では、その年の夏のキャンプは、どこが素晴らしかったのかと言いますと、
まず第一に数多くの素晴らしいリーダー、第二にリーダーを大切に育てよう
とする熱意溢れるYMCAのスタッフやOB、そして第三には素晴らしいキャンパー
(子どもたち)、この三拍子がばっちり、本当にバッチリ揃っていたというこ
とです。

 では、当時のリーダー、スタッフの素晴らしさとは何だったのかと言えば、
みんなが主体的、創造的、活動的で、頼り甲斐があり、「少年の心」を持ち、
「子どもたちと自然がメチャ大好き」だったことです。そして、何よりも彼ら
は「キャンプの楽しさ」を大変良く知っていたことです。だからこそ、彼らは
子どもたちにキャンプの楽しさをしっかりと伝えることができた訳です。
私は、60年以上の伝統を持つ熊本YMCAキャンプの歴史をすべて知っている訳
ではありません。が、しかし、それでも、この1969年(昭和44年)の夏の少年
キャンプこそは、熊本YMCAのキャンプが到達した一つの黄金時代であり、最
高に輝いた瞬間ではなかったかと確信しています。(=このことは、決して私
だけではなく、当時のリーダーたちも皆が同じような実感を抱いていたと思
います。)

 その何よりの証拠には、この年のキャンプの直後、「また素晴らしいキャン
プをしたい、一年中キャンプをしたい」、という私たちリーダーが集まって、
新しい少年野外活動グループの設立準備(企画、立案、準備)に向けて自分た
ちの手で取り組んだのです。そして夏のキャンプ参加者に呼びかけたところ、
リーダー、メンバーが再集結し、(=リーダー約10名、メンバー約40名)、1970
年1月、YMCA初のスカウトとしてのインディアンズクラブが正式に発足した
訳です。(この時に集まった子どもたちの中に、今、テレビやイベントなどで
大活躍中のタレント、うんばば中尾さんがいらっしゃいます。)

 しかし、このことは、今から思うとまさに奇跡に近いことだったという気
がしますし、まさに神様のお導きではなかったか、と思えてなりません。

                 ~2013年1月記No3(以下、その4に続く)


―――編集後記―――――――――――――――――――――――――――

カルチャーショック!カバさんはYMCAでセンセーショナルな体験をされたの
ですね。YMCAと出会った時、YMCAの活動に関わった時、そのような経験をさ
れた方は多いのではないでしょうか?というか、この私もYMCAリーダー経験
者!?同様にカルチャーショック!?というか本当に別次元の中にいるようで
した!カバさんには及びませんが30数年YMCAライフを過ごしています。(by Y.H)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールは、熊本YMCAサイトのメールマガジンサービスに登録いただいた
方とインターネットでのお申し込みの際にメールアドレスを登録していただ
いた方にお送りしています。

▽登録内容の変更・配信停止
--→ http://www.kumamoto-ymca.or.jp/cgi-bin/mail/mail.cgi

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽編集・発行 熊本YMCA
  Webサイト http://www.kumamoto-ymca.or.jp/
  E-mail mailmaga@kumamoto-ymca.or.jp
  TEL 096-353-6397
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


このページの上へ