熊本YMCA新会館 2021年4月開館

熊本YMCA新会館 学び・交流の拠点新たに
パース

移転準備中

 熊本YMCAの施設として半世紀余りの歴史と変遷をともにしてきた会館、熊本市中央区新町の中央センターを2021年4月初旬に熊本市電段山電停横に移転する運びとなりました。
 今後も地域の皆さまに開かれたYMCAとして、活動を続けてまいります。皆さまのご支援とご理解をよろしくお願い申し上げます。

熊本地震を教訓として、建物の構造を強化
一次的な避難所としての活用も想定し、熊本YMCAが熊本地震の際に行った支援活動の実績をふまえつつ、自治体との防災協定の締結も進めています。

YMCA学院中央校舎と東部校舎を統合
安心安全な環境で多様な価値にふれながら学びを深める機会を提供します。様々な人との交わりを通して、社会の課題を自分事として捉えることのできる人材を輩出します。

熊本YMCA学院 専門学校

  現在の中央センターは1965年(昭和40年)、人々が精神的、身体的に豊かな人生を送ることを願い誕生。その開設には、建設募金の協力など多くの方々の支えがありました。
 専門学校や大学予備校、学習教室、語学教育、スポーツスクール、また社交ダンスクラブなど、その時代のニーズに合わせたプログラムを展開し、多くの皆さまに愛されながら歩みを続けてまいりました。
※写真は1965年に実施した開館式

■ 新会館の特徴

 

敷地面積は2,986.65㎡。延床面積3,914.63㎡の鉄骨5階建て。1階にはエントランスと防災備蓄倉庫、2階に総合受付、3~5階に専門学校・日本語学校教室・ホールを有し、屋外テラスや太陽光ソーラーパネル、電気自動車充電設備も備えます。

 

子育て世代、シニア層を支援

子育て世代のサポート、シニア層の健康増進など、地域の皆さまの活動・交流の拠点としての活用を進めていきます。

 

グローバルな人材の育成

専門学校と、留学生が日本語を学ぶ日本語学校などが連携し、よりグローバルな人材を育成できる教育環境を整えます。

 

地域の防災拠点として

防災井戸、防災トイレ、防災かまど、太陽光ソーラーシステムなどの設備を備え、地域の防災拠点としての機能を有します。

※写真は熊本地震の際に一時自主避難所となったながみねファミリーセンター

■ 移転先

  現中央センター(中央区新町)から徒歩5分
熊本市電段山町電停横

熊本YMCA本部事務局
Tel 096-353-6397 Fax 096-324-7877


このページの上へ