「できないことを、わかるまで」

日本語科について

 熊本YMCAの日本語教育は、1979年に始まり、日本語の教育指導を通じて、世界の人々と日本の人々との相互理解の場を提供してきました。1990年に(財)日本語教育振興協会の認定を受け、(財)熊本YMCA 日本語学院を設立。さらに、2007年4月には財団法人から学校法人への移行が認可されました。熊本YMCAで日本語を勉強した卒業生は、習得した日本語能力を生かして、大学や大学院へ進学したり、国際社会で活躍しています。現在の熊本YMCA学院 日本語科では、日本での進学に十分な、高度の日本語教育を指導するだけに留まらず、多文化共生社会の実現を目指して、日本文化体験、日本人学生や社会人との交流、ボランティア活動、ホームスティなどを通じ、各国の青年が互いの歴史、文化を理解し、友好を深める機会を提供しています。

このページの上へ