「できないことを、わかるまで」

県立大学生と交流

 

 東部YMCA日本語科に、今熊本県立大学から二人のインターンシップ生が来ています。二人は、英語英文学科3年生の草野さんと日本語日本文学科2年生の酒井さんで、将来国際関係・日本語に携わった仕事をしたいということで、本校を希望して来られました。日本語科で学ぶ留学生にいろいろな話を聞きたいということで、昨日上級1クラスの学生と交流会の時を持ちました。短い時間でしたが、母国と違う高校や大学の過ごし方の違いに驚きながらも、「そうなんですね!」とお互いに学ぶことの多い会になりました。同世代の交流というのは、本当にいいものだと改めて思いました。この経験をきっとそれぞれのこれからに生かしていってくれることでしょう。

 


このページの上へ