ぶどうの木幼児園

各期目標

一期(4月~8月)
集団の中で共に育ち合う子どもになろう ―友だちと一緒―

3~5歳は4~8月まで3つのグループ(どうぶつ、ことり、さかな)に分かれます。これは、25人ずつの小グループで数人の先生と異年齢で遊ぶ、生活することが目的です。園全体を1つとして捉え、いろいろな人との交わりの中で人間関係が広がっていきます。

二期(9月~12月)
明るくのびのび元気な子どもになろう ―ひとりひとりの力をみんなのものに―

9月からは2歳児が3つのグループの中に数人ずつ分かれて参加します。
運動会、クリスマス行事では、グループの関わりがたくさん見えてくることでしょう。

三期(1月~3月)
何でも自分でできる子どもになろう ―ひとりでも頑張れるように―

それぞれの年齢の保育が次の年齢へ自然と移行できるようにします。

2歳児は、『自分で』ということばがずいぶん出てきます。大人からみると、不十分でも『自分で』をまず認める毎日と、どこで援助が必要なのかを見きわめつつ、生活力の幅を広げるように関わります。

3歳児は、『聞いてもらうよろこび』を十分もって過ごして初めて『人の話を聞こう』というところへ心が向きます。まずは、聞いてもらえるよろこびと話したい気持ちに大人が向き合います。

4歳児は、言語の発達の豊かなときを土台に『自分』に気づきます。あわてることなく5歳『年長さんになる』という気持ちを受けとめた保育をすすめます。

5歳児は、小学校に行くからではなく、6歳児としての発達を十分踏まえて落ち着いた関わりを持つことが大切です。

お問い合わせ先

みなみYMCA
〒862-0962 熊本市南区田迎5-12-50 →交通アクセス
TEL:096-378-9370 FAX:096-378-9383
e-mail:k-minami@kumamoto-ymca.or.jp


このページの上へ