ぶどうの木幼児園

【メッセージ】精一杯生きる(新年のご挨拶)

■2020年1月4日(土)
今年もどうぞ、よろしくお願い致します。私たち保育者も子どもたちと共に高め合っていきたいと思います。変わらぬご理解とご協力をお願い申し上げます。
ぶどうの木幼児園 保育者一同


2020年を迎えました。本年も子どもたちが神さまに守られ、元気に過ごすことができるようにお祈りいたします。ぶどうの木幼児園で育つ子どもたちすべてが私たちの希望です。寄り添い、育ち合えることに感謝し、毎日を大切に生きていきたいと思います。
「 どんな小さい花でも    せい一ぱい  咲いているのだ
  だから かすかな自分でも せい一ぱい  生きてこう  」
(坂村真民 詩集『せい一ぱい』より)    


  私たち保育者は、今年も「精一杯」子どもたちに向き合い、力の限り保護者の皆様と共に歩んでいきます。子どもたちの可能性は、「無限」です。大人がその可能性を狭めることなく、子どもたちを通して保育者・保護者も一緒に成長していきましょう。

  私たちは、子どもたちから日々色々なことを教えてもらっています。その一つに「思いやり」「誠実さ」「責任感」「尊敬心」といった目には見えない「価値観」があります。それは、結果だけではなく目標に向かうまでの取り組むプロセスや精神的な見えない部分も大切にするという保育者の「価値教育」につながっています。日々の生活で私たち大人の言葉や行動、そして人間としての「価値観」がいつも問われているようでなりません。
「愛してあげれば、子どもは人を愛することを学ぶ」
(「子は親の鏡」ドロシー・ロー・ノルト)


「一人ひとりがかけがえのない神様に愛されている存在」であることを子ども自身が感じ取れるような保育をこれからも目指していきたいと思います。
保護者の皆様、2020年も「精一杯」のご協力をどうぞよろしくお願い致します。

 園長 木村(きむら) (なる)寿(とし) 
 

ぶどうの木幼児園
〒862-0962 熊本市南区田迎5-12-50
みなみYMCA
TEL:096-378-9370 FAX:096-378-9383


このページの上へ