タイ山岳民族の教育支援

熊本YMCAでは25年以上に渡り、タイ北部の山岳民族の子どもたちが教育の機会を持てるよう若竹寮の支援をしています。またチェンマイYMCAと姉妹関係にありこの活動を続けています。
タイの深刻な問題は麻薬だそうです。特に山岳民族など教育を受ける機会がない、また貧困生活に苦しむ人たちや子どもたち、若者がこれらに巻き込まれて犯罪や命の危険につながることがあります。
現地YMCAでは、こうした悲惨な状況から1人でも救えるように、そして貧困から立ち上がれるように子どもたちを市内の寮で預かり学校に通えるような活動をしています。
熊本YMCAからは、里親制度や寮運営の資金的な援助、交流などを通して協力しています。
また日本の若者たちに現地での支援活動を体験したもらうワークキャンプも実施しております。皆様方からも温かい支援の手を差し伸べていただけますようお願いします。
http://www.kumamoto-ymca.or.jp/international/5314.html
チェンマYMCA訪問

若竹寮の子どもたち

アカ族の民族衣装と踊り

日本領事館訪問 元YMCAリーダーをされていたそうです。

アカ族の村 

このページの上へ