御船町スポーツセンター

RSS1.0RSS2.0

新着一覧

26件中 [ 1-20 ] 件を表示

次へ

img

2018.07.17

西日本豪雨災害支援 街頭募金活動を行いました

7月15日(日)、上通アーケードびぷれす広場前で西日本豪雨災害支援のための緊急街頭募金活動を行いました。奇しくも、前年の九州北部豪雨の街頭募金からちょうど一年。熊本地震で受けた恩を返そうと、集まった200名近いボランティアが「募金をお願いし…

photo

2018.07.11

西日本豪雨災害 YMCAポジティブネット募金

写真上/広島市安佐北区(7月7日) 下/熊本地震では全国から多くのボランティアの協力を得て、今も支援活動を続ける募金期間 2018.7.14[土]~10.31[水]西日本を襲った記録的豪雨は、12府県にまたがり死者170人、行方不明者も未だ…

IMG_2505

2018.06.04

香港から熊本地震復興支援活動

5月29日(火)~6月3日(日) 香港理工大学の学生32名が熊本地震復興支援ボランティアのために熊本YMCAに滞在しました。 国際交流とボランティア活動によるリーダーシップトレーニングの一貫として、YMCA阿蘇キャンプに宿泊して阿蘇の農業支…

2018.04.16

4.14熊本地震復興祈念プログラムを開催しました

熊本地震発生から2年を迎えた4月14日(土)、熊本YMCAでは、「今までも 今からも 熊本YMCAとともに4.14熊本地震復興祈念プログラム」をYMCA中央センターにて行いました。  プログラムは2部構成で第1部は震災当時災害ボランティアセ…

IMG_1657

2017.11.24

東日本から学ぶ熊本復興支援のこれから

 YMCAは現在も、阿蘇・益城・御船の県内3カ所で、組織的な復興支援活動を続けています。 時間の経過とともに見えにくくなりつつある被災者のニーズや、復興に向けた課題。 これらの解決のヒントを求めて、熊本YMCAの職員が3班に分かれて、岩手・…

DSC05168

2017.07.18

九州北部豪雨支援 街頭募金活動を行いました

7月16日(日)、上通びぷれす広場前で九州北部豪雨支援のための街頭募金活動を行いました。約60名のボランティアの呼びかけで、1時間に225,245円もの募金が集まりました。熊本YMCAはこの災害に対し、西日本地区YMCAならびに日本YMCA…

名称未設定-1

2017.07.14

2017年7月 九州北部豪雨 緊急支援募金

写真提供/JVOAD(上・下中央)2017年7月5日から九州北部で発生した記録的な豪雨により、甚大な被害が生じています。熊本YMCAはこの災害に対し、西日本地区YMCAならびに日本YMCA同盟と協働し、中長期的な支援活動に取り組んでいきます…

名称未設定-3

2016.12.25

熊本YMCA 震災復興支援募金

益城町・御船町を中心に、仮設住宅で生活する方々を戸別訪問し、高齢者など住民の孤立を防ぎます。また、手芸やお茶会、料理などサロン活動の実施をサポートし、コミュニティの形成を支援します。心のケアを目的としたキャンプやプログラム等を通して、子…

A

2016.09.20

【Yストーリー16】ありがとう、集いの場

2016年9月20日 熊本地震から5ヵ月が過ぎた。震度7の激震に2度見舞われた益城町の西村博則町長は、益城町総合体育館の避難所を10月31日に閉鎖すると発表した。益城町には、最大18カ所の指定避難所が設けられていた。益城町総合体育館は町で唯…

photo2

2016.08.27

熊本YMCA 震災復興支援募金

 支援活動の内容はYMCA NEWSでもご報告しています。2018年4月特別号 2017年4月特別号 2016年10月14日特別号 5・6月号 日本語/Japanese 5・6月号 英語/English   震災復興支援募金の呼びかけ人とし…

kasetsu

2016.07.20

【Yストーリー15】被災小で水泳特別授業

2016年7月20日 熊本地震から3ヵ月。地震回数はついに1900回に達した。昨年一年間に日本全国で観測された回数は1842回で、一連の熊本地震はこれを上回った。 熊本県内では仮設住宅の建設が進むが、今も約4700人が避難生活を送る。益城…

tanabata

2016.07.08

【Yストーリー14】大切な「家族」とともに

2016年7月8日「みんなが一日も早く元気になりますように」。避難所となっている御船町スポーツセンターで、避難者とYMCA水前寺幼稚園の園児が復興への願いを短冊に込めて、七夕の飾りつけを行った。 子どもたちとの交流で見えた笑顔の陰で、「地震…

akamizu1

2016.06.14

【Yストーリー13】命を守るため、災害への備えを

2016年6月14日 12日午後10時すぎ、熊本県八代市で震度5弱の揺れを観測する地震があった。熊本で震度5弱以上の揺れを観測したのは、4月19日以来のこと。 倒壊したままの家、ブルーシートに覆われた町、途絶えた線路…。地震の余波が、回復に…

mashiki1

2016.05.25

【Yストーリー12】響き合う喜び

2016年5月25日 地震で天井板が崩落した益城町総合体育館アリーナの改修が終わり、廊下やロビーで生活をしていた避難者が22日から移動を開始した。 カーテンで間仕切りされた各ユニットには、段ボールベッドとマットレス、畳が用意されている。また…

mifune1

2016.05.17

【Yストーリー11】復興への祈り~苦しい時こそ、力を合わせて~

2016年5月17日 熊本地震から一ヵ月が経過した。前震発生後に熊本に入り本震を経験した新聞記者は、再び益城町を訪れたうえで一ヵ月前を振り返り、「様子はあまり変わっていない」と語る。改めて地震の爪痕の深さを痛感させられた。「前震」から一ヵ月…

minami1

2016.05.11

【Yストーリー10】再び、笑顔が集まる場所に

特定非営利活動法人CWS Japanの協力により熊本YMCAが行う支援活動の取材が行われました。内容をご紹介します。2016年5月11日 地震の影響で、熊本県内では小・中・高校の3分の2が長期休校を余儀なくされた。三週間余りを経てようやく…

kumamon

2016.05.08

【Yストーリー9】避難所を支える助けあう力、重ねあう想い

特定非営利活動法人CWS Japanの協力により熊本YMCAが行う支援活動の取材が行われました。内容をご紹介します。2016年5月8日 地震の後、活動を控えていた熊本県のPRキャラクター「くまモン」が活動を再開。熊本YMCA黒川保育園(阿…

asov1

2016.05.07

【Yストーリー8】どんな小さなことでも必ず誰かの為になる

特定非営利活動法人CWS Japanの協力により熊本YMCAが行う支援活動の取材が行われました。内容をご紹介します。2016年5月7日 熊本地震により、大きな被害を受けた阿蘇市では、阿蘇YMCA(熊本YMCA阿蘇研修施設)が災害ボランティア…

mashiki1

2016.05.03

【Yストーリー7】大変なことを乗り越え、喜びに変える

特定非営利活動法人CWS Japanの協力により熊本YMCAが行う支援活動の取材が行われました。内容をご紹介します。2016年5月3日 益城町総合体育館で避難生活を送る人の数が1500名を超えた。いたるところに設置されている仮設トイレの数が…

mifune1

2016.04.29

【Yストーリー6】「最大限のおもてなし」~行政とのパートナーシップづくり~

特定非営利活動法人CWS Japanの小美野剛さんにより熊本YMCAが行う支援活動の取材が行われました。内容をご紹介します。2016年4月29日 熊本地震の余震は1000回を超え、気象庁は更なる余震へ注意を呼び掛けています。こういった余震は…

26件中 [ 1-20 ] 件を表示

次へ

このページの上へ