ながみねファミリーセンター
〒861-8039 熊本市東区長嶺南3-1-107
TEL 096-385-0676

東ティモールYMCAユースリーダー来日研修

2012年から交流、支援を続けている東ティモールYMCAから2名の
ユースリーダーが、9月3日~6日の期間、熊本YMCAで研修を行ました。
アルバとルイスは、日頃東ティモールの子どもたちにボランティアで
音楽やサッカーを教える活動を行っている、22歳の大学生です。

4日午前中は益城町木山と御船町落合仮設団地を訪問し、
住民の皆さんが手作りの料理でもてなしてくれました。
 
4日午後は、熊本地震からの復旧工事中の熊本城を見学

その後サッカークラスの子どもたちと交流を行いました。


5日午前中は、体育英語幼児園ラッコクラスの子どもたちの
えいごの時間に参加しました。
 
5日午後は、熊本市立託麻南小学校を訪問し、交流を行いました。
託麻南小学校では6年生170名と「平和」をテーマに授業を行いました。
東ティモールの文化や、日本の植民地であった歴史を共有し、
「平和ってなんだろう、自分たちにできることは何だろう?」
と話し合いました。
そして、最後に、「色んな国の方たちと友だちになって、認め合い、
共に平和を創造していきましょう」と、メッセージを送りました。
*熊本日日新聞にも記事掲載されました。
https://this.kiji.is/410041890970371169
 
その後むさしセンターのえいごクラスの子どもたちとも交流できました。


最終日6日は、宿泊した阿蘇キャンプ場で仲良くなった、
熊本YMCA学院の学生との別れを惜しみながら、
阿蘇の観光、被災地の見学に行きました。

特に立野での被災地見学は、
被害の大きさに驚き、言葉を失っていました。
しかし、そんな中でも力強く生きている被災地の方々と
交流できたことは、二人の心に残り、共に友好をもつことの
意味を再確認したようです。


3泊4日の滞在でしたが、様々な出会いがあり、
多くの刺激をアルバとルイスは受けたようです。
私たち熊本YMCAにとっても、学びの多き交流となりました。

研修受入れにあたって、歓迎してくださった皆さん、
ホームステイを受け入れてくださったファミリーに
心から感謝いたします。

アルバとルイスの活躍を祈り、今後も交流を続けていきたいと
思います。

YMCAながみねファミリーセンター
〒861-8039 熊本市東区長嶺南3-1-107
TEL:096-385-0676 FAX:096-385-0649


このページの上へ