中央YMCA

熊本中央YMCAについて

 熊本YMCAは、戦後混乱期の1948年(昭和23年)に設立され、今日まで社会教育団体として、子どもから大人まで多くの人々の精神・知性・身体のバランスのとれた成長を願い、様々な教育活動やボランティア活動を展開しています。

写真 中央YMCAの歴史は、熊本YMCAの歴史とも言え、設立当初机1つと椅子1つの仮事務所から始まったYMCA活動は、古城町紫苑会館跡に移転しそこで簿記学校を開始することとなりました。そして、熊本大水害時の救援活動、キャンプやボランティア活動などを実施してきました。

 1965年現在の地に青少年センターとして会館を設立し、体育館とスケート施設による社会体育・社会教育事業を行ったり、熊本県で初めての少年サッカークラブを開始、とび箱や鉄棒の苦手な子のための教室を行ったり、障がいを持った子どもたちのキャンプを行うなど多くの新しい取り組みを行ってきました。
   現在は、専門学校、ウエルネス事業、語学教育事業、国際交流事業、ボランティア活動など様々なプログラムを展開しながら、熊本県下12施設の主管センターとしての働きを持っています。


このページの上へ