東部YMCA

CDエピソード 社会福祉学科・精神保健福祉学科通信制

  今年度、精神保健福祉学科通信制において、全く見えないため盲導犬を携えた受講生がお二人学ばれていたました。
 二人の学びが確かなものになるよう、また、極力学びの質に差がでないように、一方で安っぽい同情心で余計なお世話もしないよう、通信制事務局では、毎月の学習支援通信、各授業資料等、視覚でインプットされる情報のほぼ全てを、パソコンの音声合成機能で読み取れるテキストデータに変換する等のサポート等を行いました。指定テキストについては、出版社と交渉を重ね、テキストデータ化した教材の他、最新の問題集まで提供していただくことができました。最も意を用いたのは150時間の実習でした。これが出来たのは奇跡に近いと感じました。

 2
22日(日)に、交通センターホテルにおいて、修了式と修了パーティーを行いました。修了式が始まる前や修了後など、会場内外の移動の際は、学びあった仲間(受講生)がごく自然にサポートしていました。その様子に、多様な人たちが「ともに学び合い支え合う」ことの重要性を改めて感じました。正直いうと、お二人の受け入れに迷いはありましたが、「やりながらひとつずつ乗り越えよう」と心に決めて開き直りました。修了パーティーでは、サプライズで、小嶋さんより、11ヶ月ともに学んだ二匹の盲導犬(バルドー、ブルーノ)に「精神保健福祉犬感謝状」が渡され、温かな空気が参加者を包みました。


東部YMCA
〒862-0924 熊本市中央区帯山2-1-11
TEL:096-382-6661 FAX:096-382-7928


このページの上へ