メールマガジンバックナンバー Vol.65 (リレーメッセージ 宮下英士さん)

メールマガジンバックナンバートップ熊本YMCAメールマガジン登録

【熊本YMCA】~リレーメッセージ-第3弾~ 熊本大学YMCA OB 宮下 英士さんが語る「YMCAとぼく」

▼▽▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2011/08/17 Vol.65━

 熊本YMCA メールマガジン http://www.kumamoto-ymca.or.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼▽▼

   ★☆ 会員・地域からのリレーメッセージ-第3弾 ☆★

   熊本大学YMCA OB 宮下 英士さんが語る「YMCAとぼく」

――――――――――――――――――――――――――――――――――

6月からリニューアルしたメールマガジン!毎月1回、主にボランティアの皆
さんが登場し、それぞれの立場からYMCAとの関わりやその魅力、またご自身
の取り組んでいる活動について紹介してくださいます。きっと「ほぉ、YMCA
ってそんな事もしているの?」って新発見があると思います。
今回はその第3弾!

――――――――――――――――――――――――――――――――――

熊本大学の横にある学生YMCAの寮、花陵会。ここに入寮したことから、僕と
YMCAとのつながりが生まれました。部活の先輩であった「赤マムシ」さんの
住んでいたのが花陵会で、一度遊び(という名の宴会)に参加し、その自由
闊達さに魅かれ、すぐに入寮しようと思いに至ったのでした。寮費は破格の
安さ、ただし二つの入寮条件が。

一つは寮生会議への参加、もう一つは「聖書研究会」への参加なるもの。不
可思議な言葉でピンと来る方は少ないでしょうが、簡単に言えば聖書の一部
分を発題者が解釈し、それについて皆で話し合うものです。大変高尚な趣が
あるようですが、大半はキリスト教の知識が無いに等しい寮生なので、
ロックスターの様にイエスに憧れを抱くものもいれば、奇跡の業を科学的に
解釈したりするものと様々で、ざっくばらんに議論したものです。

そのような環境ですから、知らないことから来る宗教に対する不信感も薄れ、
教会へも通うようになり、遅咲きの洗礼を受けたのです。

花陵会では学生YMCA活動というものも行っていて、社会問題等について考え
たり、時には触れることもありました。フィリピンではダム開発により被害
を受けている農村に滞在したり、タイのHIV感染者施設を訪問するという機会
などです。海外ばかりでなく、国内でもハンセン病施設を訪問したり、ドヤ街
で共に働いたりと多岐に亘っています。もしこれを学生で読まれている方が
いて多少の興味を持たれたら是非一度参加してみてください。家族や友達、
部活動など様々な「輪」が有ったとします。そこに新しい「YMCA」という輪
が加わることだと思います。それはぐんと大きくなったり、形を変えるかも
しれません。

どんな形になるかは、自分次第ですから。僕とYMCAの関わりのように多少
細かったりして、けれど連綿と繋がっているというのも、短い来し方を振り返
ってみても面白いものだなあ、と今更ながらの思いです。

【投稿者ご紹介】
宮下英士さんは、熊本大学YMCA 花陵会のご出身で、現在熊本市横紺屋町
(河原町商店街)で居酒屋「もとみや-moto-miya」のオーナー。地域の町づ
くりやボランティア活動に精力的に取り組んでおられます。毎年 夏に行な
われている 八代ワイズメンズクラブ主催のデイキャンプにも子どもたちの
指導者として関わっていただいています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールは、熊本YMCAサイトのメールマガジンサービスに登録いただいた
方とインターネットでのお申し込みの際にメールアドレスを登録していただ
いた方にお送りしています。

▽登録内容の変更・配信停止
--→ http://www.kumamoto-ymca.or.jp/cgi-bin/mail/mail.cgi

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽編集・発行 熊本YMCA
  Webサイト http://www.kumamoto-ymca.or.jp/
  E-mail mailmaga@kumamoto-ymca.or.jp
  TEL 096-353-6397
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 


このページの上へ