「できないことを、わかるまで」

留学生が普通救急救命法講習を受ける!

 日本語科の上級2クラスの学生8名が、昨日「普通救急救命法講習」を受けました。講師は、中央消防署の救命救命士の方2名。

 まず、胸骨圧迫や人工呼吸、AEDについて学び、後半は実技。聞いている時は、簡単そうに見えたことも、実際に人形でやってみるといかに大変かわかり、多くのことを学んだ1日となりました。

 以下、講習後の学生の感想を紹介します。

 ・テレビドラマなどでは見たことがあるけど、自分にはあまり関係がな

  いことだと思っていた。でも、これからは、非常の事態に居合わせた

  とき、何かできるかもしれない。

 ・知らなかった知識を学べて、本当によかった。それに、勇気を持つ

  ことの大切さも知った。 

 

 

 

このページの上へ