「できないことを、わかるまで」

「お正月体験交流会」を行いました

日本語科の新年最初の授業は、「お正月体験」で幕を開けます。今年は同じ校舎で勉強する建築科の学生約30人も参加し、日本の伝統的な文化に触れるとともに大いに交流を深める機会となりました。学生達は3グループに分かれて、餅つき、かるた、書初めを楽しみました。かるたのグループでは、留学生・建築科混合の団体戦を行い、各チームとも協力しながら熱戦を繰り広げていました。終了後はつきあがった餅でお雑煮を作り、みんなでおいしくいただきました。ご協力いただいたボランティアの皆様に心より感謝申しあげます!



このページの上へ