「できないことを、わかるまで」

日本語科CDディー秋の大作戦

10月19日は、CDディー。東部では月に一度9のつく日をボランティアデーにしています。今日は、日本語科中級クラスの担当。放課後、この夏一階の窓を覆って皆に日陰を提供してくれた「フーセンカズラのグリーンカーテン」の撤回作業と草取りに取り組みました。葉も実も黄色になったフウセンカズラは、秋の風情を感じさせてくれました。実の収穫をしながら、黄色の風船を手に持って「風船みたいですね!」と、はじめてフウセンカズラを見る留学生から素朴な質問が!「だから、フウセンカズラと呼ぶんだよ。」と教えると、「へぇ~、そうなんだ」と納得したようで、みな丁寧に風船の袋を破り、中の実を取っていました。東部の建物の裏側も綺麗に掃除されてすっきりしました。今年は日本語科の留学生にもCDポロシャツを購入する学生が増え、YMCAに対する理解と愛着が深まっている様子です!


このページの上へ