上通センター
〒860-0845 熊本市中央区上通町5-5
TEL 096-352-2344

施設案内

熊本YMCA一覧

RSS1.0RSS2.0

青い目の人形

上通YMCAの受付前に青い目の人形を展示しています。
とっても愛らしい人形で、
1927年(昭和2年)の日米友情の人形交流運動の提唱者であり、熊本で宣教師として過ごされたシドニー・ギューリック一世の孫にあたる、メリーランド大学教授ギューリック三世ご夫妻から、黒川保育園にいただきました。黒川保育園に届けるまでの短い期間ですが、ぜひご覧ください。


青い目の人形 

※ 日米友好「青い目の人形交流」について 
 ギューリック一世は、1888年(明治21年)に宣教師として赴任され、8年間熊本の地にて布教にあたられ、その後、同志社大学、京都帝国大学の講師を務められ、日本の歴史、文化、国民性、日々の暮らしに親密な理解と評価を示された方でした。
 1900年代以降の米国での排日運動や排日法案が可決される中、同氏は帰米後、日米の友好、親善の気持ちを育むため、子どもたちの純真な心に期待し、国際親善の基盤作りのために、日米友情の人形「青い目の人形」交換を推進されました。
 その孫、ギューリック三世は、1986年(昭和61年)横浜市の「人形の家」開館式に出席された際に、人形交換に係わる諸記録を見て、深く感動、日米親善に心を砕いた祖父の意思を継ぎ、2年後の1988年(昭和63年)に「新・青い目の人形」を携えて来熊されました。
その後、1997年(平成9年)7月に新たに青い目の人形を携え、来熊され、友好関係各団体、県・市内小学校を訪問、新しい人形を贈呈されました。また、2000年、2004年とプライベートな来熊したが、それらの人形とも対面され、また、新しく友好のしるしとして、人形を贈呈されました。

上通YMCA
〒860-0845 熊本市中央区上通町5-5
TEL:096-352-2344 FAX:096-352-2387


このページの上へ