ぶどうの木幼児園

【コラム】2期がスタートします。

□2017年9月1日(金)

ぶどうの木幼児園は、本日から2期がスタートします。
みんな運動会の練習に励んでいます。
9/10(日)、2017サザンフェスタのご協力ありがとうございます。

今月の保育主題は、「一人ひとりの力をみんなのものに」です。
個人レベルでの「集中」と集団レベルでの「共同」がテーマであり、
行事等でしっかり発揮できるように子どもたちと保育者が一丸に、
そして保護者の皆さまと一緒に取り組みたいと思っています。

「ひとりの小さな手  何もできないけど  それでもみんなの
 手と手をあわせれば  何かできる  何かできる」
           (「ひとりの手」本田路津子 作)

YMCAキャンプソングの一つである「ひとりの手」は、子どもたちが
元気よく歌う中で、「みんなで同じものを見つめ、互いに助け合うことの大切さ」
という気づきが与えられます。

「できないのではありません。できることが違うだけです。」
(マザー・テレサ愛の言葉より抜粋)

子どもたち一人ひとりの個性が受容され、ぶどうの木幼児園全体のパワー
が大いに発揮される、すばらしい運動会になりますように。
園庭に実ったぶどうは、子どもたちみんなでおいしくいただきました。
ぶどうの実が、「力を合わせてつながることの大切さ」を教えてくれているようでした。
みんなの成長が、とても楽しみな秋です。
(写真)ぶどうの木幼児園に実ったぶどうをおいしくいただきました。

ぶどうの木幼児園 園長 木村成寿


このページの上へ