ぶどうの木幼児園

根を伸ばす時期

■2017年6月

雨の多い季節は、気持ちもジメジメしがちです。
しかし、園庭に育つたくさんの植物は、「恵みの雨」
を心待ちにしているかのようです。
そのような姿に私たちは純粋に元気をもらいます。
今月のキリスト教行事に「花の日」があります。
「一番花の豊富なこの季節に、神に感謝することを
教えるために美しい花を教会に飾ったことから」
花の日と言われるようになったそうです。

様々な種類の花が、キレイに咲いています。
花を見ていると、気持ちが穏やかになりますね。


幼児園の子どもたちは、五感を働かせ、たくさんの水と栄養を
もらい、立派な花を咲かせてほしいと願っております。
そのためには園生活が充実することはもちろん、地域や家庭
という土の中で、しっかりと根を伸ばしてほしいと思います。
しっかり根が張ると、少々の雨や風には負けない「自律」した
太い幹が出来るでしょう。

まさしく、今は「根を伸ばす時期」です。
生活や遊びの中で感じる「好奇心」「探求心」を私たち大人が
大切にすることで子どもたちが、すくすく伸びていくと信じています。
時には、大人に理解できない不思議なこともありながら・・・・。

(今月の聖句)
「これは主のなさったことだ。わたしたちの目には不思議なことである。」
***詩編118:23***

みなみYMCAぶどうの木幼児園 園長 木村成寿

〒862-0962 熊本市南区田迎5-12-50
TEL:096-378-9370 FAX:096-378-9383


このページの上へ