阿蘇YMCA
阿蘇YMCA

野焼き見学ツアーに参加してきました

2018.3.24
こんにちは。
熊本YMCA阿蘇キャンプからです。

阿蘇の春の訪れを告げる
阿蘇の草原の野焼き
ASO田園空間博物館さんの企画で、阿蘇に宿泊のお客様限定で野焼き見学ツアーに参加させて頂きました。
阿蘇キャンプからも宿泊のお客様を連れて見学させて頂きました。

阿蘇の草原を維持するため、そして牛の放牧地として農家にとってとても大事な阿蘇の行事です。
人の手が加わる事で、草原が維持されます。
また、ノミ、ダニ等の防虫防除、
野焼きを行わないと腐葉土になる事で、ふわふわの土になり、土砂崩れが起きやすくなり災害に繋がるそうです。
「自然」と聞くと、人が手を加えていない自然を思い浮かべるかもしれませんが、このように、人の手を加えてできる「自然」もとても大切です。
実際に、阿蘇郡久木野では野焼きを止めて、里山にダニが下りてきてしまい、ダニの被害が出たので、再開するそうですが、野焼きを再開するからといってすぐに再開できるものではなく、野焼きをするための準備の為にやらなかった年数と同じ年数の準備が必要だそうです。



阿蘇の草原は全部で22000haあり、日本で一番のまとまった草原だそうです。
今日はその22000haのうちの2haの野焼きを野焼きボランティアのグリーンストックさんの協力のもと、見学させて頂きました。



輪地切りと言って他の場所が燃えないようにしています。

輪地切りをしたところを先に燃やし、他の場所が燃えないようにします。
まるで雲海のようです。
初めて間近で見学しましたが、ただ単に下から火を点ければ良いというわけではなく、今までの経験、風向きを見て、火を順番に付けられていました。


初めて間近で見ましたが、とても熱く火の勢いも早く、びっくりしました。

あっという間に2haの草原は燃えてしまいました。

野焼きが終われば、阿蘇も春の始まりです。


阿蘇の雄大な自然に触れてみませんか?

スタッフ一同こころよりお待ちしております。
 

阿蘇YMCA(阿蘇キャンプ)
〒869-2234 熊本県阿蘇市車帰358
TEL:0967-35-0124 FAX:0967-35-1642


このページの上へ