阿蘇YMCA
阿蘇YMCA

車帰地区のトンネル見学会に行ってきました

2017年10月14日
こんにちは。
阿蘇キャンプからです。
本日で熊本地震から1年と半年が経ちました。
被害に遭われた方にご冥福とお祈りを申しあげます。

本日は車帰(くるまがえり)地区のトンネル見学会でした。
1年と半年前の地震により、熊本市内と阿蘇を繋ぐ国道57号線が寸断され、そして熊本市内と阿蘇、南阿蘇を繋ぐ阿蘇大橋が崩落してしまいました。

国道57号線の崩落により、只今、車帰地区から大津町までトンネルを掘っています。
阿蘇側からは、周りに民家もあったことから、本溝(主要道路のトンネル)は20M、避難溝を340M掘っているそうです。
反対側の大津町側からのトンネルは本溝が90M、避難溝が550M掘ってあるそうです。
岩盤に穴を開け、爆薬を仕掛ける作業もみる事ができました。
50平米に70個の爆薬を仕掛け、糸を繋いで爆発させる作業を1日に6回(1回で1・2M)の掘削をされています。1日に7Mの掘削作業だそうです。
間近で爆破音を聞く事もできましたが、思った以上にびっくりするくらい大きな音でした。


急ピッチで進められているこの工事、なんと、作業員さんは本溝も避難溝も4人の作業員さんと下請けの会社の何名かでしか工事をされていないそうです!!!
もっとたくさんの作業員の方がいらっしゃるのかと思っていたのでびっくりしました。
そして、トンネルを掘る作業だけあり、機械がどれも大きくてびっくりしました。
あの有名なVOLVOも25tダンプがあるのにはびっくりしました。
5立米のパワーショベルまでありました。
また、穴を掘る機械もドリルジャンボという日本に2・3台しかない最新型だそうです。
コンクリートの吹き付け機も最新型だそうです。
このように最新の機械を導入して急ピッチで行われています。
ありがとうございます。



この作業を間近でみる事でまだまだ阿蘇の復興にも時間がかかる事が改めて分かりました。

阿蘇キャンプ
〒869-2234 熊本県阿蘇市車帰358
TEL:0967-35-0124 FAX:0967-35-1642

このページの上へ